<< 羊毛フェルトの子猫ストラップ | main | 納品(発送)しました >>
ブランドタグをリニューアルしました
お店で私の作品を手に取ってくださるお客様の中には「羊毛フェルト」を見るのも聞くのも初めてという方もいらっしゃるかと思います。
なので、以前から使用上の注意であったり保管方法やお手入れ方法について何らかの方法で作品に触れてくれる方にお知らせしたいなぁと思っていたのですが、普段使いしてもらえる事もあるであろう子猫ストラップを納品するのなら今やらねば!と、「てらたま」のブランドタグをリニューアルしました。



写真左上が今までのもの、右が新しいタグです。
(これから糸を通す穴を空けます)
新しい物は二つ折りになっていて、中には「壊れやすいから大切に扱ってね」とか「毛羽立ったらハサミで切っちゃって」とか「防虫剤があるといい」といった事が書かれています。
私が購入者側だったらもうちょっと欲しい情報もあったのですが、紙面の都合上と言うやつで…。
特に大事だと思われる部分をピックアップしました。

次回納品分からは、この新しいタグが付きます♪
| 雑記 | 19:34 | comments(3) | trackbacks(0)
コメント
注意書きがあると嬉しいですね^^
羊毛フェルトさんはどんな性質のものかわからない方がまだ多そうですしね(私もそのうちの一人で・・・(´-∀-`;))
良ければ、もう少し欲しい情報というのを教えてください(≧▽≦)
私が気がついてないということがありますので・・・(ωV_vω)ペコ
| ぱん | 2009/06/27 8:04 AM |
ご無沙汰です、こんばんは♪
タグ、私も毎回悩みます。どこまで注意書きを入れるのか、
どこまで手を加えるべきか・・・。
初めて羊毛触る人なんて、本当に ギュッとひっぱったり
して、ハラハラすること多いですものね。
今は「ひっぱったりねじったりすると千切れますよ」という
ことをアナウンスしてます。本当は手入れの仕方なんてのも
入れられたらなぁと思うんですけどね・・・。
| みのまよ | 2009/07/01 11:25 PM |
ぱんさん>
今回諦めたのは、「お子さんやペットの玩具には向きませんよ」とかお手入れの方法についてです。
前者については「デリケートなものですので〜」等書いてあるので
無茶な使い方はされないとは思うのですが、
お手入れの方法については作品によってはそもそも水洗いができない物もありますし、
紙面に余裕があっても書けなかったかもしれません(^^;

あと、やはりメーカーや種類によって獣臭がするのか、犬なんかがやたら興味を持つ事があるようです。
私も公園で屋外撮影をしていたら遠くから吠えられた事がありました(苦笑)
猫も一晩でフェルト化した物を羊毛に戻してしまう事があるそうですよ(笑)

みのまよさん>
こちらこそご無沙汰してます^^
やっぱりどんなに固くなっても(笑)引っ張られたりすると千切れちゃいますもんね。
一度自分用の作品で手足を動かして遊んでみたら案の定ズタボロになって凹みました。
Posseで小さなお子さんが人形でゴッコ遊びをしているのを見て
微笑ましくも内心ヒヤヒヤしてた事を今思い出しました(^^;

お手入れの方法は私も入れたかったです(><
でも作品によっては水洗いは勘弁!だったりもしますし、
だからといって全部の作品にそれぞれのお手入れ方法を…って言うのは現実的にかなり無理がありますよね。
それにあまり注意書きだらけで敬遠されてしまっても困るし…。
なかなか加減が難しいです。
| ねこ | 2009/07/02 9:55 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tera-tama.net/trackback/894458
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
PROFILE
羊毛フェルト雑貨*てらたま
てらたまwebサイト

名前:ねこ

2006年秋に羊毛フェルトと出会って以来、マイペースでチクチクやっています。
TWITTER
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
SEARCH